柔軟で使える筋肉と広い可動域を獲得

中山 朗様


これからも競技を続けたいと思っている私にぴったりのトレーニング

ワールドウィングに入会してから3年が経とうとしています。私は身体が資本の仕事(消防)をしているので、今までは終動負荷のウェイトトレーニングをバリバリしていました。年齢も30歳を越えた頃、トレーニング方法に疑問を感じ試行錯誤していた時期に、職場の先輩の勧めで小山先生の著書「奇跡のトレーニング」を読んだところ、「これだ!!」という方向性を見つけ、幸いにも近所に施設があったことから入会に至りました。
また、私は学生時代からバドミントンを続けています。このスポーツはイメージと比べて過酷な競技です。スマッシュを打つ時の初速は300進めkm/hを超え、球技の中では一番速く、逆にネット前でのプレーは0km/hになり、こうしたスピードギャップが魅力の一つである競技なのですが、前後左右そして上下にコートを動き回るので、身体には相当なストレスが加わります。年齢を重ねるたびに身体は硬くなり、瞬発力や持久力も低下していきますが、このトレーニングを続けることにより逆にこれから失われるはずであった柔軟で使える筋肉と肩甲骨や股関節を中心とした広い可動域を獲得できます。まさにこれからも競技を続けたいと思っている私にぴったりのトレーニングだと思っています。そして、トレーニング後には身体の疲れが取れ、気分も晴れやかになり、頭もスッキリするので家に帰ってからの仕事や育児等の日常生活にも一役買っています。「アスリート」というと一般的にはスポーツに特化した選ばれた人を示す用語と思いがちですが、私はスポーツはもちろんですが、家事・育児・趣味・勉強等々、物事に一生懸命取り組む人全てのことだと思っています。(あくまで私の拡大解釈です)初動負荷トレーニング®はそんな全てのアスリート達を区別することなく向上させてくれる奇跡のトレーニングだと思います。これからも感謝を忘れずに、環境が許す限りワールドウィングに通わせて頂きたいと思っています。


    主な経歴

    2010年 全日本シニアバドミントン選手権大会 ベスト16